スマホ保護フィルム・ケース専門ブログ

ガジェットミッション

ipod touch フィルム

アップル

「iPod touch 7 (2019)」オススメ保護フィルムとケース・カバーについて、買って後悔したくない!

更新日:

Appleから先日突如として発表・発売されたiPod touch 第7世代(2019)を購入した、もしくはこれから購入される方ではないしょうか。iPod touch 第7世代(2019)を購入したら真っ先に考えてほしいのは、保護フィルムとケース・カバーを準備です。

僕自身、買った翌日に購入したスマートフォンを落として保護フィルムとケースをしていなかったので、両面ガラスバキバキなんてこともありました。

ぜひ、僕と同じようなことにならないためにも保護フィルムとケース・カバーは最優先で準備してみてください。

ピエールちえほん
僕から言えるのは、画面割れや全損時の修理代金はまじで高い!!!

注意

iPod touch(全モデル)
保証対象外修理サービス:14,800円
バッテリーサービス料金:8,800 円

ということは、修理で14,800円もかかるんですよ!!保護フィルムとケースを準備しても2,000円もかからない。ぜひ、長く使っていきたいのであれば保護フィルムとケースは絶対に準備しておきましょう!!

この記事を読んで分かること!

  • iPod touch 第7世代(2019)に最適な保護フィルムとケース・カバーどれなのか!

今回の記事では、「iPod touch 第7世代(2019)」にオススメな保護フィルムとケース・カバーはもちろん、購入時の注意点等を含め、買って後悔しないモノをご紹介します。最近のAmazonや楽天では、一部業者が粗悪品やレビューコメントの水増しがあったりと購入して失敗した!と思うことも多いのではないでしょうか。僕自身何度も、そんな経験をした上で今回は僕が買って後悔しないモノを厳選してお伝えしてきます。

それでは、まず保護フィルム種類やメリット・デメリットをお伝えしながら、iPod touch 第7世代(2019)にオススメな保護フィルムをご紹介していきます。

保護フィルム種類やメリット・デメリット

まずは、保護フィルムについてある程度ご紹介しておきます。保護フィルムは、以下のように大きく分けて三種類に別れます。

保護フィルムの種類

・通常PETフィルム
・TPUフィルム
・ガラスフィルム

それでは次に、各保護フィルムのメリット・デメリットをご紹介していきます。

通常PETフィルム


▶メリット:光沢タイプや透明度、ブルーライトカットなど非常に種類が豊富です!
▶デメリット:画面サイズよりも小さめに作られているものが多い。

TPUフィルム


▶メリット:エッジディスプレイや湾曲した液晶画面のスマートフォンに対して全体を保護するように貼ることが出来る。
▶デメリット:通常フィルムよりも貼りにくい。

ガラスフィルム


▶メリット:液晶画面を落とした時にもっとも保護力が強いフィルムで安心!
▶デメリット:ケースと保護フィルムが干渉したり、サイズが小さかったり、浮いたりすることがある。ガラス部分は薄くても粘着層があるので、実際は倍ぐらい厚くなる。

上記3つの保護フィルムをご紹介してきましたが、それぞれにメリット・デメリットがあります。また、保護フィルムを貼るスマートフォンによっても最適な保護フィルムは変わってきます。それでは、次に「iPod touch 第7世代(2019)」の液晶保護フィルムを購入する時の注意点をご紹介していきます。

「iPod touch 第7世代(2019)」の液晶保護フィルムを購入する時の注意点は?

「iPod touch 第7世代(2019)」の液晶保護フィルムを購入する時の注意点は、以下の3点です。

注意点

▶保護フィルムが液晶画面表示部よりも保護フィルムが小さくないか
▶操作性は落ちないかどうか
▶保護フィルムに浮きはでないか

特に最近多いのは、液晶保護フィルムが液晶画面表示部より一回り、二回り小さく作られていて全然画面を保護出来ていないものが存在したりしています。また、他の2つも保護フィルムによっては使い勝手や貼ったのに浮いてしまっていて使いづらいなんてこともあります。

これらをAmazonの商品説明やコメントレビュー欄から探すのは至難の技になってきています。ただ、重要な部分なので必ずチェックしてみてください。もし、難しいということであればこれから紹介していく僕が実際に愛用しているメーカーや実際に僕自身購入したものを選んでみてください!!

「iPod touch 第7世代(2019)」に最適な保護フィルムは?

「iPod touch 第7世代(2019)」に最適な液晶保護フィルムは、通常PET保護フィルムとガラスフィルムです!「iPod touch 第7世代(2019)」は、フラットディスプレイを採用しています。非常に保護フィルムは貼りやすいディスプレイなので、ぜひ保護フィルムの装着感がほぼないPET保護フィルム、もしくは圧倒的な保護力のガラスフィルムにしておくことをおすすめします!!

それでは、実際に僕が過去に使ってきてオススメしたいメーカーや実際に「iPod touch 第7世代(2019)」用に購入した保護フィルムをご紹介してきます。

筆者が現時点でオススメする「iPod touch 第7世代(2019)」用液晶保護フィルム!!

安心の日本製⇒ミヤビックス 光沢液晶保護フィルム


iPod touch 第7世代(2019)にもっともオススメしたいのは、ミヤビックスさんの安心日本製保護フィルムです。「OverLay Brilliant(オーバーレイ ブリリアント)」は光沢表面処理を採用した液晶保護シートで、貼っていることを感じさせない透明度、指紋がつきにくいフッ素加工、そして表面硬度3H相当で傷がつきにくいフィルムになっています。

\僕も実際に愛用しています!!/

  • 安心の国産素材使用、加工もすべて国内!!
  • 貼っていることを感じさせない透明度!!
  • 指紋がつきにくいフッ素加工、表面硬度3H相当で傷がつきにくい!!

Amazon公式購入ページはこちらiPod touch (第7世代 2019 / 第6世代 / 第5世代) 用 日本製 指紋が目立たない 光沢液晶保護フィルム OverLay Plus OBIPDT5/12

早速、購入したミヤビックス 光沢液晶保護フィルムをiPod touch 第7世代(2019)に貼ってみました。

僕が愛してやまないミヤビックス 光沢液晶保護フィルムのココがオススメ!!というところは、この貼っているかの貼っていないのか分からないレベルの薄さと透明度です。ガラスフィルムでは、まずここまで薄くすることは不可能です。それぐらい薄い。貼っていないような感覚で、iPod touch 第7世代(2019)で使えます。

iPod touch 第7世代(2019)に貼っても液晶ディスプレイ本来の綺麗さを維持してくれます。

ポイント

従来の液晶シートや表面のアンチグレア処理は、"光の反射を無くす"のではなく"乱反射"させて光を拡散させているので、黒が白っぽくなるなど、色自体の再現率が低くなってしまうことがあります。それを改善するために、「OverLay Brilliant」では光を積極的に取り入れる新処方を採用しているそうです。色のにじみを抑え、人間の目に自然な美しい艶を与え、まるで印刷物をそのまま貼り付けたように、しっとりと色鮮やかな液晶ディスプレイを楽しむことができます。

ちなみに、ミヤビックス 光沢液晶保護フィルムはガラスフィルムと違い貼るのに失敗しても再度貼り直せるのも嬉しいポイントです。

それでは、次に「iPod touch 第7世代(2019)」のケース・カバーについて見ていきましょう。

保護ケースの種類とメリット・デメリット

まずは、保護ケース・カバーの種類やメリット・デメリットを先にご紹介しておきましょう。保護フィルムと違い、比較的どのケース・カバーを購入しても外れは少ないので、より自分の使用用途に合った保護ケース・カバーを選んでいくことをおすすめします。

保護ケース・カバーの種類は以下の通りです。

保護ケースの種類

・シンプルケース
・衝撃・耐久ケース
・手帳タイプ

次に、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

シンプルケース


▶メリット:フラップ(フタ)を開閉する必要がなく、常時すべての機能・ボタンにアクセス可能になる。種類も非常に豊富です。
▶デメリット:液晶画面はむき出しになるので保護フィルムやガラスフィルムが必須です。

衝撃・耐久ケース


▶メリット:フラップ(フタ)を開閉する必要がなく、常時すべての機能・ボタンにアクセス可能になる。とにかく衝撃に強い。よく落とす方にもオススメ!
▶デメリット:液晶画面はむき出しになるので保護フィルムやガラスフィルムが必須です。

手帳タイプ


▶メリット:液晶画面を保護フィルムなしで保護出来る。
▶デメリット:フリップ(フタ)を毎回開閉しないといけない

次に、「iPod touch 第7世代(2019)」の保護ケース・カバーを購入する時の注意点をご紹介します。

「iPod touch 第7世代(2019)」の保護ケース・カバーを購入する時の注意点は?

「iPod touch 第7世代(2019)」の保護ケース・カバーを購入する時の注意点は、以下の2点です。

注意点

▶保護フィルムとの干渉はないか
▶しっかり本体を保護出来ていて使いやすいのか

個人的には、この他にせっかく「iPod touch 第7世代(2019)」が魅力的なデザインなのでデザイン性を崩さないようなケースを購入したりしています。

上記内容を絡めながら、「iPod touch 第7世代(2019)」にオススメな保護ケース・カバーをでご紹介します。

筆者が現時点でオススメする「iPod touch 第7世代(2019)」用保護ケース・カバー!!

超安くて高品質⇒TopAce クリアTPUケース


僕も購入した「TopAce iPod touch 6 専用TPUケース (クリア)」です。現時点で、商品名にiPod touch 6 専用TPUケースと記載がありますが、商品詳細にあるようにiPod touch 7にも対応しています。また、実際に僕も使ってみましたがサイズはピッタリでした。

とにかく安くて、高品質なTPUケースとなっています。安すぎるクリアTPUケースだと、透明感を売りにしていても最初から黄ばんでいることも多々ありますが、全くそんなことなく、非常に透明感溢れるクリアTPUケースでした。また、クリアケースなのでiPod touch 第7世代(2019)本来のデザイン性をそのまま楽しむことが出来ます。

ココがおすすめ!!

  • 約900円と安いケースなのに高品質!
  • クリアTPUケースだけど、透明感が凄い!
  • 薄くて軽い、持ちやすくグリップ感が増します!

Amazon公式購入ページはこちらTopAce iPod touch 6 専用TPUケース (クリア)

早速、「TopAce iPod touch 6 専用TPUケース (クリア)」をiPod touch 第7世代(2019)に装着してみました。

元々、iPod touch 第7世代(2019)はサイズが小さいこともあり、ケースを付けても大きさは全く感じません。むしろ、TPU素材のケースを付けることでグリップ感が増しました。

側面もしっかり保護してくれています。下部のコネクタ部分はサードパーティ製のケーブルでも充電が行えました。

保護フィルムとの干渉もありませんでした。(※ミヤビックス 光沢液晶保護フィルムと相性が良い!!)

ガラス保護フィルムとは干渉する可能性があるので、ガラスフィルムとの併用はオススメ出来ません。

TopAce iPod touch 6 専用TPUケース (クリア)」は、iPod touch 第7世代(2019)のデザインをそのまま活かしてくれる素晴らしいケースでした。

最後に・・・

「iPod touch 第7世代(2019)」を購入したら、ぜひまずは保護フィルムとケース・カバーを準備してください。何か合った時に後悔したくありませんよね。僕自身何度も、後悔してきた経験があるので何か合ってからではなく、保険として準備してみてください。今回ご紹介した商品はすべて僕自身が使って検証しておりますので、ご安心頂ければ幸いです。


-アップル
-

Copyright© ガジェットミッション , 2019 All Rights Reserved.